前へ
次へ

遠距離恋愛を長つづきさせるコツ

交際相手が転勤などで違うところにいるなど、遠距離恋愛になっているというカップルもいるのではないかと思います。しかし遠距離だとなかなか会えないことが多くて別れてしまったなどうまく付き合いづらいということもあるのではないかと思います。遠距離恋愛を長く続けたいと思うのであれば、どういったところに気を配ると良いのでしょうか。もし遠距離の相手との恋愛を長続きさせたいのであれば、まずはある程度連絡をする回数や直接相手に会いに行く回数を決めておくようにしましょう。あまりにも連絡を取らなさすぎたり逆に回数を多くしすぎたりすると、束縛しすぎて疲れを感じてしまったり寂しさに耐え切れなくなったりとうまくいかなくなる原因を作ってしまいます。どうしても寂しい・急いで伝えたいことがあるなどの理由がないのであれば、なるべく連絡を控えておいた方がよさそうです。ただしお互いの誕生日などの記念日は大切にするのがおすすめです。会うことが難しいのであれば連絡だけでもするようにしましょう。また最近は動画で相手と話せるアプリなどもありますが、それだけを利用するのではなくちゃんと直接会う機会を設けた方が相手との関係を長続きさせることができそうです。また、直接相手が会いに来てくれた時は相手だけが支払うとなると負担が大きくなってしまうので必ず自分も負担をするようにしましょう。相手が不満を溜めないようにするためにも「かかった費用は折半する」「交互に行き来して費用は自分で支払う」など費用をどういった形で負担するかをあらかじめ決めておくようにしておくと会いに行くときの経済的な負担や精神的な負担を減らすことができます。また、遠距離だと相手が普段どう行動しているかがついつい気になってしまい、頻繁に連絡を取りたくなるかもしれません。しかし相手にも自由はありますし離れているからといって浮気をしているかもしれないなど証拠もないのに相手を疑っているとキリがありません。そういったときはまず相手を信頼して連絡を取りすぎたり、相手の行動を詮索しすぎたりするのはやめておきましょう。ただし連絡の頻度が減ったりなど浮気をしていると思える行動が見られるのであれば、相手が電話で言っていた行動をメモしたうえで矛盾がないかを気にかけておきましょう。疑いを抱いたとき、すぐにでも事実を問いただしたくなるかもしれませんが証拠がなければしらを切られる可能性もありますし、浮気ではなかった場合にはそれこそ関係が悪化してしまいます。決定的な証拠を見つけるまでは相手にそういった話をするのはやめておいた方がよさそうです。

Page Top